「未分類」カテゴリーアーカイブ

求められる動画のポイント

これまでは商品やサービスをいかにして訴求するかが動画制作のポイントでした。そしてそれらの動画をいかに再生回数が多いプラットフォームにアップロードし、ユーザを誘導するかそこに注力することが動画ビジネスの基本になっていました。しかしながらそれが少しずつ変わりつつあると言えるでしょう。
それはライブ感を持って、企業やユーザがニュートラルな関係で議論をする環境が整いつつあるからです。例えばズームやチームズなどを活用して企業の宣伝担当と多くのユーザが議論をしながら商品の活用方法を見出す、それを商品に展開するといったこともどんどん増えてくると思います。そしてこのような議論を動画を視聴しながら拡散することによって実際のサービスが展開された時に購入に結びつく、または口コミ拡散を図ることによってさらなる知名度を上げると言ったマーケティングが広がっていく可能性があります。
特に商品ではなくサービスや観光においては顕著になるのではないでしょうか。実際に観光地やサービスにおいては利用者同士がインターネット上でライブでその素晴らしさを語ることによって、新たなユーザを開拓する、サービス利用を図るといった企画がどんどん増えてくると思います。これまでのように単なる動画を制作する企画を立てるだけではなく、いかにライブや動画を活用した商品販売推進やサービス利用推進、新たなサービス企画を立てることができるか、これがクリエイターにとって求められる要素になってくると考えられます。逆に動画撮影に関しては様々なライブ感を持たせるアプリケーションの使いこなし、さらにはインターネット環境はクライアントに任せあくまでも企画を重視することになる可能性も出てくるでしょう。ここを大手代理店ではなく、クリエイターが企画を立て企業に提案することができれば非常に大きな収入に結びつく可能性があります。企業にとっても大手代理店に支払う金額に比べても少なくて済むわけです。そしてテレビや新聞に広告をすると
企画を立てることができるか、これがクリエイターにとって求められる要素になってくると考えられます。逆に動画撮影に関しては様々なライブ感を持たせるアプリケーションの使いこなし、さらにはインターネット環境はクライアントに任せあくまでも企画を重視することになる可能性も出てくるでしょう。ここを大手代理店ではなく、クリエイターが企画を立て企業に提案することができれば非常に大きな収入に結びつく可能性があります。企業にとっても大手代理店に支払う金額に比べても少なくて済むわけです。そしてテレビや新聞に広告をするよりも多くの費用対効果を見込めることになります。